GW期間中に感じた、“こんな人生送りたい”

明日から、お仕事が始まりますね。

 

お仕事行きたくなぁ〜い!というサザエさん病と同時に湧いてきた、

“こんな人生送りたい”論

 

f:id:saayanoblog:20170507195000j:image

 

◯理想の人生 

・朝は好きな時間に起きる。

・ネットで遊ぶ。

・ブログを書く。 

・家事をする。

・写真を撮る。

・主人と子どもたちとまったりゆったり暮らす。

・地域の人たちとの交流を楽しむ。

・自給自足分の畑仕事をする。

・潮干狩りとかいく。

・釣ってきた魚をその日の夕食に出す。

 

はぁ〜、最高に幸せな人生だなぁ〜。

 

現在は、日本企業で営業職として働かせていただいており、

お給料がいただけているわけですが、ぶっちゃけいつ潰れるか

わかりませんし、手に職つけておきたいな、というのが本音です。

好きなことをやって才能を伸ばして、それが収入になるのなら

最高ですよね!

好きな時に好きな場所で仕事をしたいわけですよ。

 

◯“書く”という願望達成法

 これは、わたしがこれまでの人生で何度も実感してきたことです。

書くことは、願望達成に大きく影響をもたらす、と。

最初に“夢は書き出すといい”ということを知ったのは、22歳の頃。

大学卒業後に新卒で就職したのが私立大学の教職員でした。

同僚になじめず、1週間で辞めたいと思い(その後、辞める頃には

人間関係は克服していました)、その後はひたすらどうやって

次の就職先を探そうか、どんな人生を送っていきたいのか、を

暇さえあれば探していました。その時に知ったのが、夢を紙に書き出す、

という手法でした。

 当時は、まだ大学からやっていたセーリング競技もやっており、

国体などにも出場しておりましたし、職業柄毎日ジャージでしたが、

そろそろオシャレも楽しみたい、と、ネイルにもハマりだした時期でした。

 

その頃の願望の一部を下記に並べます。

・自由な時間に働きたい。

・ネイルをしたい。

・子育しながらでも働ける仕事をしたい。

・もっと人の人生に寄り添った運動指導がしたい。

・色んなところに行きたい。

 

上記を叶えるために選んだのが独立開業の道でした。

その後、転職していますがその転職先でも上記のような

願望は叶えられる状況でしたので、

“夢って叶うんだぁ〜”というのが、わたしの中の

小さな感動体験でした。

 

それからも、事あるごとに夢を紙に書き出すようになりました。

 

◯まとめ

 やりたいことをやったもん勝ちです。

人生一度しかないので、今やりたい!と思ったことは

その時にやっておくことをオススメします。

 

わたしは、仕事に関しては、22〜30歳までの間に

大学教員→ピラティスインストラクターとして独立(自営業)

外資系金融機関でフルコミッションの世界で営業職

→日本企業で営業職 という経歴を持っていますが、

とっても良かったと思っています。

多くの経験値を積むことが出来ましたし、自分自身へ投資も

したことで学びを得ることも出来ました。

そして一番大きな収穫は、人生で自分が本当に欲しているものは、

高級なもので溢れた生活を送ることよりも、愛する人

幸せを共有しながら毎日笑顔で暮らすことだということを

知れたことでした。

ここまで結婚せず、人生とは何かをひたすらもがき探し続けてきましたが、

今は、わたしがわたしで良かったと思えます。

 

行動してきたからこそ、自分にとって合う/合わないを

知ることが出来たと思っています。

 

これからのわたしは、その愛する人との幸せな生活に向けての

準備段階に入っていきます。

 

来年の夏には、次なるライフスタイルが始まっていることでしょう!

 

それまでに、ベースを作り上げておきたいですね!

 

贈る言葉

人生天地之間、若白馬之過郤、忽然而己。

人生は、白馬が走り過ぎるのを襖の隙間から見るほど

短いものである。

 

この記事を書いた人

twitter.com

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です