生花を長持ちさせるための3つのポイント。

昨日は母の日ということで、

カーネーションのお花を買ってきました。

 

f:id:saayanoblog:20170515215209j:image

 

さて今日は、わたしが普段行なっている

生花を長持ちさせるための3つのポイントを

ご紹介します!

  

<生花を長持ちさせるポイントは、3つ>

1、毎日1回はお水を取り替える。

2、お水を取り替えるタイミングで、

 茎を1cmほど切る。

3、家にいない間や夜寝ている間は

  お花を冷蔵庫に保管しておく。

 

まず、1のお水を取り替える、ですが、

これは常にたっぷりの綺麗なお水に生けておくことで、

新鮮なお水をお花に与えてあげることができ、

生き生きとしたフレッシュなお花を保つことができます。

 

次に、2の茎を1cmほど切る、ですが、

こちらはお水を取り替えるたびに、茎の切り口も

フレッシュにしてあげます。

切り口をフレッシュにしてあげることで、

綺麗なお水をたっぷり吸い上げることができます。

 

グリップの色と刃先が選べるオリジナルはさみ「iD Choki」

 

最後に、3の家にいない間は、冷蔵庫に保管する、

ですが、これは昔のお花やさんをイメージしていただければと

思います。

昔のお花やさんは、大型冷蔵ケースに並んでいて、

これが欲しいと言えば、店員さんがその冷蔵庫から出してくれる

という販売形態でした。

自分がお部屋にいる間は、テーブルなどに飾って

楽しみ、いない間は冷蔵庫で保管してあげましょう。

 

<おまけ>

・栄養剤も数滴入れておくとその効果は倍増するので、

 おすすめです。

・生花は寝室に飾ると、運気をよくしてくれるそうですよ!

 上記のポイントで、生き生きとフレッシュな状態になった

 運気は寝ている間につくられますので、

 お花を寝室に飾って、寝ている間に運気を上げちゃいましょう!

 

この記事を書いた人

twitter.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です