銀歯からセラミックの歯に変えたことで得られるココロの健康。

昨日、これまで銀歯だったところをセラミックの歯に変えました!

 

今日はその喜び、感動をお伝えします。

 

●きっかけ

 通常3〜4ヶ月おきのペースで通っていた歯の定期検診が

1年半ほど空いてしまい、久しぶりにメンテナンスに行った際に

銀歯の中で虫歯が進行していることが判りました。

 

●2つの治療法の選択 

 1つは保険の効く、銀歯の詰め替え。

ただ、虫歯が進行しており、歯を削る必要があるため、

今までよりも銀歯の占める面積が増え、見た目にも影響する、

とのこと。

ちなみに、治療の位置は、右上6番の歯でした。

イーっと笑った時に、銀歯がぎらついているのが、

心の奥底でずっとイヤでした。

 

 もう1つは、保険の効かない、全額自己負担で

セラミックの歯にすること。

 金額のことを考えると少し悩みましたが、

笑う、ということは日常的なこと。

日常的なことに毎回心の嫌悪感を感じてイヤな思いをするよりは

思い切ってセラミックにしたほうが良い、

と思い、セラミックを選択しました。

 

●治療の流れ

 メンテナンスの回とは別日に予約を入れ、

治療の1回目は、歯型を取り、銀歯を取り除き、蓋をして終了。

この時は、麻酔をして治療してもらいました。

 蓋は仮蓋なので、次の治療まで、硬いものや粘着性のものは

NGですという説明を受けて終了。

 およそ、1時間くらいで終了しました。

 

 1週間後にセラミックの歯が出来上がってくるとのことで、

1週間後に予約を取りました。

2回目の治療は、仮蓋を外して消毒をし、早速セラミックの歯を

取り付けていきます。

自分の歯の部分を消毒し、接着剤のようなものを塗ったのか、

歯を取り付け、LEDの光を当てて接着します。

 

 2回目の治療は割と早く、全行程が30分くらいで終了しました。

 

●セラミックに変えた感想  

 表面の多少のザラザラ感はあるものの、接ぎ目も綺麗に整えていただき、

違和感は全くないです。

 見た目も良くなって、笑った時の心の嫌悪感が無くなった分、

笑顔が持つ輝きが20%くらい増しているのではないかと思います。

(※個人の感想です。) 

 

●保証について

 治療した日から5年間は保証が付いているので、

何かあれば無償で交換してもらえます。

保証書をいただきましたので、大切に保管しておきたいと思います。

 

●医療費控除について

 今回の治療でかかった費用は、

54,000円と高額です。

12月末までに10万円を超えるような

医療費負担をした場合、確定申告で申請すれば医療費の税金控除が受けられます。

1年を通して健康でいたいものですが、一応頭の片隅に入れておきたいと

思います。

 

●メリット

 一番のメリットは、何と言っても、

自信を持って笑えるようになったことです!

「銀歯、見えてるかな?」と気にする心配が無くなったことです。

 

 機能的なメリットについては、

銀歯と違って外れる可能性が非常に少ないということ。

銀歯と違って、虫歯が再発するリスクが少ないということ。

セラミックは、歯との密着度が高く、経年劣化がほとんど

起こらないのだそう。

銀歯は、その素材が銀なので、ずっと口の中にある銀歯は銀の

成分が体内に溶け出ているので金属アレルギーがある方には

非常に大きな負担になるようです。セラミック素材にはそのような

心配がありません。

 ここまでいいことずくめですが、

セラミックは強度は高いものの、歯ぎしりなどで

強い圧力がかかると欠けてしまうこともあるようです。

 

●まとめ 

 歯医者さんは、虫歯の治療にいくところではなく、

メンテナンスをしに行くところです。

いつまでも健康な歯を保てるよう、

小まめなメンテナンスを怠らないようにしましょう!

 

  f:id:saayanoblog:20170521125024j:image

 

 

この記事を書いた人

twitter.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です