歯は、丈夫なのがいい。

歯が丈夫だと、スルメが食べれる!

 

先日、虫歯治療で銀歯からセラミックに変えたのですが、

歯型を取って、虫歯を削った後、仮蓋をして1週間ほど過ごし、

今は無事にセラミックが入ったのですが、

しみじみと思うことは、

「8020運動、やってくぞーーーーー!」という決意です。

 

8020(ハチマルニイマル)運動とは、以下の通り。

 

いつまでもおいしいものを食べ続けるための元気な歯は、日々の手入れから。

1989年(平成元年)より厚生省(当時)と日本歯科医師会が推進している

「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。

20本以上の 歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。

そのため、「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との

願いを込めてこの運動 が始まりました。

楽しく充実した食生活を送り続けるためには、

妊産婦を含めて生まれてから亡くなるまでの全てのライフステージで

健康な歯を保つことが大切です。

出典:日本歯科医師会

 

f:id:saayanoblog:20170526233124j:image

 

仮蓋の時は、硬いものや粘着性のものを禁止されていましたので、

日々の食事のチョイスに気をつけていました。

 

治療が終わった今は、好きなものを食べることができています。

 

また、仮蓋の時は、右側の歯を治療していましたので、

なるべく左側の歯で噛むように意識していました。

 

その時のことを考えると、しっかりと“あたりめ”を

噛むことが出来ていることは、幸せなことだと思いました。

 

入れ歯をしているおじいちゃんがよく、

「じぃちゃんな(=は)、固いもんな(=は)食べきらん」

と言っていますが、

その気持ちが少し分かった、治療期間でした。

 

それがずーっと続くと考えると、美味しいものをめいっぱい

食べれなくなるような気がしたので、

歯を健康に保ち続けていけるように努力していこう!

とふと思いました。

 

最近は、職場に歯磨きセットを常備しており、

お昼ご飯の後には歯磨きとフッ素コートまでして、

地道な8020運動を密かに行っています。

 

日々の小さな意識かもしれませんが、

自分の歯を健康に保ち続けて、美味しいものをめいっぱい食べ続け

られるように、積み重ねていきたいと思います!

 

 

この歯ブラシ、すごく良いですよ〜〜!!

女性のために作られた、女性の歯にぴったりフィットする歯ブラシ!

 

磨きにくいところも、毛先がしっかり入って行って、

歯の表面もツルツルにしてくれます!

 

この記事を書いた人

twitter.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です