沖縄国際通りまで徒歩五分、ゲストハウスGRAND那覇に泊まってみた。

こんにちは、さぁや(@happy_saaya0614)です。

 

梅雨明けした沖縄に来ています。

陽射しが、真夏のようです。

 

f:id:saayanoblog:20170624121516j:image f:id:saayanoblog:20170624121528j:image f:id:saayanoblog:20170624121535j:image

 

さて今回は、沖縄の都心部にあるゲストハウス グランナハ

宿泊しましたので、個室内を中心にご紹介いたします。

 

今回は1泊2,500円のプランで宿泊しました。

  

 

こちらに宿泊するのは、2016年7月以来の2回目となります。

2015年にできたばかりの新しい施設で、全体的に綺麗な宿泊施設です。

 

 f:id:saayanoblog:20170624092327j:image

 

さらに、1年前よりもインテリアが充実していたり、

荷物用のコインロッカーが設置されていたり、

シャワーのノズルが変わっていて、お湯はしっかり出るけど

柔らかい水圧のものになっていたりと、様々な場所が改善されていました。

 

さて今回はその中でも、個室のベッド内の様子をメインにご紹介いたします。

 

目次

  1. 全体のつくり
  2. 個室の中
  3. 宿泊してみて気づいたこと

 

1.全体のつくり

●お部屋

 個室、1〜5名対応女性専用個室、1〜2名対応男女兼用個室が

あります。

 

●共有スペースと共有テラス

 5階建の建物で、1階はフロントと共有スペース。

共有スペースには、テーブルゲームや漫画などが充実しており、

みんなで楽しむことができます。

 

 入り口外には、共有テラスもあります。

建物内は全館禁煙なので、テラスは喫煙スペースにも

なっており、色んな人と交流の場にもなりそうです。

利用可能時間は、7:00〜23:00です。

 ちなみに、屋上には女性専用の共有スペースもあるそうです。

こちらも利用可能時間は、7:00〜23:00です。

 

●共有キッチン

 冷蔵庫、冷凍庫、電子レンジ、炊飯器、調理器具、調味料、食器類

など、料理をするのに必要な道具が一式揃っています。

 

2.個室の中

 1つのフロアに2段ベッドが並べられており、

足元の出入り口がカーテンで仕切られています。

 

●個室の中にある寝具

 敷き布団×1、かけ布団×1、枕×1。

寝心地は、板の硬さが気になります。

連泊はちょっとキツイでしょう。

 

f:id:saayanoblog:20170624092402j:image

 

●個室内にあるコンセント

 海外プラグにも対応したコンセントがあるので、

携帯電話などの充電にも困りません。

 

f:id:saayanoblog:20170624092418j:imagef:id:saayanoblog:20170624092425j:image

 

●個室内にあるライト

 3段階の明るさが調節できるライトが枕元にあります。

 

f:id:saayanoblog:20170624092402j:image

 

ON/OFFは、ライトの端のボタンを押してください。

(初めて宿泊した時、ボタンの位置を探すのに、10分ほど

かかりました。笑)

 

f:id:saayanoblog:20170624092450j:image

 

●個室内にある小物入れ

 個室内には、サイドに小物入れが引っ掛けられてあります。

携帯電話やコンタクトケースなどはこの中に入れておけば、

物を無くすことなく管理することができます。

f:id:saayanoblog:20170624092519j:image

 

●荷物

 荷物は、2段ベッドの外に置くか、

各フロアに設置されているコインロッカーを利用するか、

個室内に持ち込むか、という選択肢があります。

今回わたしは、個室内に持ち込み、足元におきました。

 

f:id:saayanoblog:20170624092537j:image

 

3.宿泊してみて気づいたこと

 長期ステイの方は、マンスリーで宿泊することも可能のようです。

 

こちらの施設は、前払い制でクレジットカードは使用不可です。

発券機で必要なものを購入し、チェックインをします。

(宿泊、タオル、アメニティ類も券を購入します。)

 

騒音について、各種共有スペースやドライヤー、コインランドリーなどの

使用時間は決められていますが、海外の方も多く宿泊されており、

知ってか知らずか、23時以降も利用している宿泊者がおり、

寝づらかったです。

 

 スリッパのペタペタ歩く音も結構気になります。

これは、スリッパの性質上の問題です。

 

 今回は、那覇についたのが22時で1泊宿泊するだけでしたので、

ゲストハウスをチョイスしました。

 リーズナブルで、必要なものがすべて揃っている、とっても

素敵な宿泊施設でした。 

 

f:id:saayanoblog:20170624092558j:image

 

grandnaha.jp

 

この記事を書いた人

twitter.com

 

結論

寝るだけなら、本当に十分すぎるほどの施設です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です