友だちづきあいが終わる瞬間に感じる3つの特徴。

こんにちは、さぁや(@happy_saaya0614)です。

 

今日は、「あぁこの人との関係は終了したな」という時の

感覚をお話しします。

 

古くからの友人知人で、ある日、

「あぁこの人との関係は終了したな」

と思うことがあります。

 

そして、それは決して悪い意味ではなく、

新たな旅立ちなのだと思っています。

 

人間界では、何かの学びを得るために、魂の成長のために、

目の前の人と出会っています。

嫌なことも楽しいことも含めて、

その人との学びが終わると、新たな出会いがあるのです。

 

だから、以前からの友人に対して、

あぁこの人との関係は終了したな、

というのは、イコール

あぁ、この人との付き合いの中での学びは終わったのだな、ということです。

 

注意深く観察していると、

その時には、以下の3つのような感覚を味わっているはずです。

 

 f:id:saayanoblog:20170704213248j:image

 

1.会話がつまらなくなった

 前は、あんなに楽しく会話していたのに、

突如としてつまらなくなるのです。

あら、こんなにつまらなかったっけなーという感じです。

 

2.会いたいと思わなくなった

 よくお茶をしていたり、遊んだりしていたりしていたのに、

ある時を境に、会いたいと思わなくなります。

その時にはもう次のことに興味が移っていたり、

新たな人との出会いがあったりしているものです。

 

3.だんだん嫌気がさしてきた後、気づいたら距離を置いている

 これは、なんの変化でしょうか。

だんだん嫌気がさしてきた後、気づいたら距離を置いています。

こうなったら、もう自分自身の現実界では、

新たな人脈を作り始めていますね。

 

なんでか分かりませんが、この3つを感じたら、

その人との関係は終わりを迎えたということです。

 

わたしは今日も一人、終わりを迎えた関係の友人がいます。

 

これまでの楽しい時間をありがとう! 

 

 

この記事を書いた人

twitter.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です