琉神マブヤーで沖縄方言を楽しく学ぼう!

こんにちは、さぁや(@happy_saaya0614)です。

沖縄弁?沖縄方言?ウチナーグチ

この違いは何?

どれを使うのが適切なの?

とにかく、もっと沖縄方言に触れて、学びたい!

という思いから、色々と調べていましたら、

琉神(りゅうじん)マブヤーという、

沖縄県内で展開されている

ヒーローものの作品に辿り着きました。

本土にいながらにして

沖縄方言を学べる教材みーっけ!ということで、

今日は、琉神マブヤーをご紹介していきます。

f:id:saayanoblog:20170716223815j:image

琉神マブヤーが教材として最適なわけ①

 作者の思い

それは、何と言っても作者の思いにあります。

作者は、畠中敏成さんという方です。

株式会社南西産業 沖縄観光土産品問屋の元代表取締役でいらっしゃいます。

畠中さんは、奄美大島出身で、沖縄でのサラリーマン時代に

沖縄全土を飛び回って営業し、命を削るようにして働いていた時に

沖縄のおばぁに「命(ぬち)どぅ宝だよ」と言われたことで救われた

そうです。

沖縄の言葉は、厳しい時にこそ優しく、無くしてはいけない文化だと

感じたと、インタビューに答えています。

この琉神マブヤーは、ヒーローと悪が出てくる、

いわゆる戦隊ものだが、多くの戦隊ものはヒーローが悪を倒す、

という展開なのに対して、ヒーローが悪を許す

という展開になっている。

ここにも「ちむぐくる(=相手を思いやる心)」「許す」という

沖縄の精神が込められています

子どもたち世代に分からないような

沖縄の古きよき方言、文化を散りばめているがその説明は一切ない。

これは、子どもが親に聞いたり、おじぃやおばぁに聞いたりすることで

受け継がれていくものがあるからだ、ということです。

作者がこのような思いで作っているなら、

沖縄方言/文化について、

たっぷり学べるはずです! 

実際、キャストも沖縄の方ですし、

セリフも沖縄方言/イントネーションで展開されていますよ!

琉神マブヤーが教材として最適なわけ②

 生きた沖縄方言が聞ける

沖縄方言を学びたい!と思った時に、本やブログなどその方法は

いくつもありますが、やっぱり何と言っても、

実際にしゃべっている人の

言葉を聞くのが一番です!

なぜなら、方言独特のイントネーションや、

シチュエーションごとの使い方、

文字には表記しにくい発音などもあるからです。

これらについては、生の声を聞くのが一番です。

どこで手に入れられるの?

さて、「うぉ!実際に見て見たい!」となった方へ、

どうやったら見れるのかを調べてみましたよ!

琉神マブヤーは、

シリーズ1〜5作品、

琉神マブヤー1972レジェンド、

琉神マブヤーTHE MOVIE、

2017年10月から始まる新シリーズ琉神マブヤーARISE と

多くのシリーズものになっています。

DVDが発売されていますので、ネットショップなどで買うか、

CD/DVDのレンタルショップなどでレンタル出来るようですよ!

これなら、本土にいながらにして

沖縄方言に触れる機会をつくれますね!

それぞれのシリーズで、キャストが異なるようですが、

わたしがまず一番はじめに見たいのは、

琉神マブヤーTHE MOVIE 七つのマブイ」ですね。

理由は簡単。誰もが知っているような、東京で活躍している

沖縄出身のキャストで構成されているから、です。

例えば、山田親太朗/ISSA/ゴリ/川ちゃん/仲間由紀恵です。

あとがき

琉神マブヤーにちりばめられた沖縄文化が多すぎて、

紹介していくのが難しい、と思いました。

だけど、

沖縄にはそれだけたくさんの独特な文化があるし、わたし自身も興味があります。

実際に琉神マブヤーを見る中で、たくさん学んでいきたいと思います。

www.mabuyer.com

この記事を書いた人

twitter.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です