フリーランスになる前に、準備をして不安を解消しておこう!

早くフリーランスになりたいけど、どんな準備をしたらいいか分からないと悩んだことはありませんか?

フリーランスになれば、通勤はいらなくなるし嫌な人と無理やり付き合う必要もなくなるという嬉しい面がたくさんありますが、その反面、準備不足のままフリーランスになると痛い目に合うこともあります。

現在30歳を超えた私ですが、実は26歳の時に一度フリーランスを経験しています。

その時に準備不足によって失敗をし、結局1年で会社に所属することになったので、フリーランスになる前に準備しておくべきポイントを整理しました。

 

26歳でフリーランスなった時に失敗したこと

  • 仕事しなくてもお金もらえると勘違いしていた
  • 毎月の収入と支出のバランス崩した
  • 1人が孤独すぎる 

 

仕事しなくてもお金もらえると勘違いしていた

当時は、ピラティスインストラクターをやっていました。
“デビューしたらすぐに売れるようになるんだ!”という売れっ子アイドルを夢見たデビューしたてのアイドルのように、私もフリーランスになった時にそのような考えを持っていました。

が、現実は自ら営業をかける必要はあるし、SNSなどを通じて活動をアピールしていくことが必要でした。

 

毎月の収入と支出のバランス崩した

税金の計算が出来ておらず、住民税や国民年金の納入通知書が来ては支払いにアップアップしていました。

現在は、税金は定期的にかかるものなのだということが知識的にも経験的にもわかるので、フリーランスになる前にこの辺りをもう一度整理しておく必要があります。

 

1人が孤独すぎる

これは、フリーランスあるあるだと思いますが、フリーランスは基本的に1人で行う孤独な作業です。

そこが面白いところでもあり、私のような寂しがりやのタイプにはとても辛いものでした。
しかも当時は周りに独立している友人などはおらず、相談出来る人がいなかったので、とても孤独でした。(そして、その孤独が辛すぎてフリーランスを1年で卒業することに)

SPONSORED LINK

 

フリーランスとして準備しておくべき事

  • 生活費の貯蓄をする
  • 実績を作っておく
  • 仲間を作っておく 

 

生活費の貯蓄をする

これは、急ピッチでクラウドソーシングで稼ぎます。

ちなみに、イケハヤさんがこちらの記事で、「2年くらい無収入で生きていけるくらいの貯金をしてください。」と書いています。
http://www.ikedahayato.com/index.php/archives/18463

 

実績を作っておく

複業OKの場合は、実績を作っておきましょう。

フリーランスになってから、ヨーイドンで始めるのではなく、会社員とフリーランス後の仕事を並行しながら行い、退職後もスムーズにフリーランス業1本になれるようにしておきます。

現在の私の場合は複業可能な会社ですので、クラウドソーシングに登録して実績を作っています。
1週間で23,000円ほどの収入になって少し手応えを感じることができたので、今後ブログとライター業とのバランスを取りながら実績作りと退職後の資金作りに励みます。

複業がNGの場合は、他の方法を考える必要があります。
例えば、練習がてら無料提供して信用を得ておくというのも一つの手です。
ただし、無料で無くなった途端に仕事を依頼してもらえなくなるようではいけないので、どのように展開していくかを考えておく必要はあると思います。

 

仲間を作っておく

26歳でフリーランスになった時は孤独に耐えきれずに1年で会社勤めになりましたので、そのことを念頭に置きフリーランス仲間/相談出来る仲間/お仕事でコラボレーションできる仲間を出来るだけたくさん作っておく必要があるなと思っています。

これは、自分が仕事で悩んだ時にも助けになるでしょうし、お仕事の面でご縁がつながっていくこともあると思うのでそういった基盤作りを行っておきたいと思っています。

 

まとめ

何事も経験してみないことにはわかりませんが、会社を退職しフリーランスになった後のことをイメージして準備を進めていかれることをオススメします。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

happpy_saaya0614

福岡市在住、86年生まれ。海好きな、営業5年生。 20代で3回の転職を経て、現在は国内メーカーの営業として、社内成績トップを独走中。 ブログやツイッターでは、①営業②女子力up③アラサー女子の生き方をテーマに発信中 。 現在、脱サラに向けて鋭意準備中。