尾原和啓著“これをやれば成功する”という黄金律の無い時代に「乾けない世代」が強い理由

毎月4,5冊の本を読んでいるさぁや(@happy_saaya0614)です。

私の所属するインサロやぎぺーさんが、面白すぎたという本を自腹で10名にプレゼントくださるということでいただきました。

モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書 (NewsPicks Book)

第1章全文公開は下記からどうぞ!(目次から飛べます)

 

SPONSORED LINK

これからどんな働き方をしていけばいいかを模索している人、上司とのギャップに悩まされている人、アラサー世代の自分の立ち位置に悩んでいる人に役に立ちそうな新たな見解を得ることができましたのでシェアします。

すでにある世代に生まれた「乾けない世代」とは

私たちは生まれたときから「ないもの」がなく、それゆえに何かが欲しいと「乾けない」。
だから、このような世代のことを「乾けない世代」と呼ぶ…

上の世代は、「世の中の空白を埋めるように」仕事をしてきた世代(=乾いている世代)です。
社会にないものを生み出し、収入を増やし、家のテレビを白黒からカラーに変えて、電車通勤から車通勤へ変えていった。
彼らが幸福だったのは、何かを達成することが、同時に社会貢献につながっていたからです。

さぁや
確かに。物欲が無いから、物はモチベーションにならないな。

今は、「何が楽しいの?」「何をやりたいの」ということを常に問われ、すべて自分で決めていかなければいけない時代です。

「これをやれば成功する」という黄金律がない時代の今だからこそ、自分にしかできないことを突き詰め、楽しみをお金に換えていくことができる「乾けない世代」は強いのです。

さぁや
今の時代は、“好き”を見つけることが大事なんだな。

これからの働き方について

「ビジネスはアイデアが大事だ」とうたわれるようになって久しいですが、今はユーザーの潜在的な欲求や、購買意欲のツボである「インサイト(新しい視点)」をすくい上げる時代です。

人は自分にはできないこと、なし得ないことに対して、いくらでもお金を払うのだ、ということです。そして、自分にはできないことをしてくれる相手に対して、人は「ありがとう」という言葉をかけるのだと。

さぁや
私が得意なことは、その人にとって必要な情報をシェアしてフォローすること。書類の処理が速いこと。秘書業はかなり向いていると思う。(現在、未経験なので、試してみたい)

 

SPONSORED LINK

 

自分の才能とは?

任天堂の故・岩田聡元社長の「“労力の割に周りが認めてくれること”が、きっとあなたに向いていること。それが“自分の強み”をみつける分かりやすい方法だ」という名言があります。
自分が楽にできてしまうことは、本人にとって当たり前すぎて価値を感じないために、なかなか気づけないものです。

本の中で紹介されている、自分を知るためのツール

単に自分が好きだったり得意だったりすることで、他の人にはできないことをひたすらやり続けていたら、次第に活動範囲が広がったり、自分の「好きなこと」自体がバージョンアップして、価値がどんどん上がっていったのです。
誰だって、最初にできることは、ほんの小さなことです。しかし、それを夢中になって続けていれば、誰もが求める価値を持つことができるようになるのです。

あなたの「好き」を突き詰めていくと、印になるアイテムが見えてくるはず。
ぜひそれを身につけてみてください。
「好き」を旗印にして、仲間をどんどん呼び込んでいきましょう。

まとめ

私たちアラサー世代は昭和から平成にかけて生まれ、教育の過渡期を過ごしてきた世代です。

私の感覚で言うと昭和58年以前生まれの人たちがなんであんなにガムシャラに頑張れるのかが不思議でたまらなかったのですが、この本を読んでスッキリしました。

さぁや
IT化が急速に進む今の時代に、自分はどう生きたいのか、何が楽しいのか、何が好きなのかを追求し、他者にない自分だけの強みを提供していくことがこれからの時代を自由に生き抜いていくための秘訣なのだと確信しました。

この記事を読んだ人へオススメの記事

 

読み終わったので、この本はやっちさんへパスします。

 

第1章全文無料公開!

キングコング西野さんのブログで、モチベーション革命の第1章が全文公開されていましたので、リンクを貼っておきますね!

名著『モチベーション革命』第1章全文無料公開!

 

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

happpy_saaya0614

福岡市在住、86年生まれ。海好きな、営業5年生。 20代で3回の転職を経て、現在は国内メーカーの営業として、社内成績トップを独走中。 ブログやツイッターでは、①営業②女子力up③アラサー女子の生き方をテーマに発信中 。 現在、脱サラに向けて鋭意準備中。