最高の紙質、ニーモシネが優れているポイント!

こんにちは、さぁや(@happy_saaya0614)です。

わたしは、小さい頃から文房具がとても好きで、

カラフルなペンを何色も持っていたり、かわいいキャラクターの

筆箱を持ってみたりしていました。

そんなわたしが大人になった今、特にこだわって使っているのが

ノートとペン。

ノートとペンは、筆記具として必須のアイテムであり、

特にペンについては、3色ボールペンの同じものを3〜4本持っており、

いつでもどこでも変わらずにその書き味を楽しめるよう、

職場の机の中、仕事用のカバンの中、お家で使う用、

といった具合に、各箇所に1本ずつ置いています。

常備している、という言葉がぴったりなくらいです。

さて、そんなわたしが今日ご紹介するのは、ノートです。

ノートに求めるクオリティは、

何と言っても、紙の質

そして、中の罫線/方眼線の色、です。

今、一番お気に入りなのは、ニーモシネです。

そしてこれまた、ペンと同様、各箇所で使い分けています。

仕事用には、A5サイズのN182A(5mm方眼)!

日記帳としては、B5サイズのN195A(7mm横罫)

夢ノートとして、A4サイズのN180A(5mm方眼)

使い分けています。

ニーモシネがお気に入りの理由。 

f:id:saayanoblog:20170621235105j:image

まず、全体として言えることは、その紙質の良さ、です。

様々なラインナップがありますが、今回は、中でも

仕事用として愛用し初めて、2年8ヶ月の間で10冊目に突入している、

A5サイズのN182Aについて、お気に入りポイントをご紹介します!

・サイズ感。

仕事用のA5サイズのN182Aは、膝に乗せても机の上でも丁度いいサイズ感。

A4サイズのパンフレットなどの大きさと重ならないから

とっても使い易いし、持ち運びにもコンパクト!

・表紙

表紙の素材がプラスチックなので、ペンを引っ掛けても大丈夫!

・裏表紙

厚紙タイプなので、しっかりとした下敷きになり、

座りながら膝の上に乗せても、立ちながら書くという状況でも

安定してメモすることが可能です。

・方眼タイプ

方眼タイプなのも、使い易い。

図を書いたり、1ページ内の使い方を分けたり。

・紙質

ニーモシネシリーズ全体に言えることですが、

紙は厚めでしっかりしていてスベスベな質感なので、

お気に入りのペンとの相性も抜群!

スラスラスラ〜っと書き記すことが出来ます。

まとめ 

自分でも驚くほど、安定してずーっとニーモシネを愛用しています。

シンプルであり、スタイリッシュであり、機能的であり、高級感もあり、

そこにいてくれる出で立ちがとてもカッコいいのです。

ちなみに、方眼タイプは片面にしか方眼が記されていないので、

片面しか使用しません。

贅沢な使い方をしているようですが、のびのびと書き込める感覚がまた

お気に入りです。

この記事を書いた人

twitter.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です