女性が冬にパジャマを着るべきメリットを力説する

秋になって朝晩だいぶ冷え込みますが、寝る時の格好を適当な服装で済ませているということはありませんか?

私は小学生以来パジャマを持っておらず、10月中旬頃まで適当なもの着ていた結果、

さぁや
Tシャツと短パンで寝ていたら風邪をひきました

これを機にパジャマを買ってみたら、控えめに言ってもとっても良かったので改めてパジャマを着るメリットを整理してみました。



寝る時の格好は?

Twitterにて、アンケートをとったところによるとこのような結果になりました。

皆さん、何かしらパジャマを持っているようですが、適当な格好で寝ている方も38%いらっしゃいます。

パジャマを着たことがないけど、お店に行けばかわいいパジャマやセクシーなパジャマ、ネグリジェ、ガウンなどバリエーションが様々にあり、どのようなパジャマを選んで良いか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、大人になって初めてパジャマを買った私が、どのような点に気をつけて買ったのかをご紹介いたします。

パジャマを着ることによって得られるメリットとは?

  1. 洋服によって締め付けられないので、体がリラックスできる
    1日の生活の中で、メリハリをつけることができます。
    オンとオフの切り替えは大切ですね。
  2. ベッドや布団が汚れない
    寝る時の服は、布団との接触もあるため、外出時の服とは別にしましょう。
    外出する時の服は、知らず知らずのうちに、何かしらの菌やホコリが付いてしまいます。
    例えば、パジャマを着たままコンビニへ出かけるだけでも砂埃などが付いてしまいます。
  3. 汗をかいても吸収してくれる
    運動着は、普段着とは別ですよね。
    人は寝ている間にコップ一杯の汗をかくと言われています。
    パジャマも別のものを選びましょう。
  4. 冷え性を防ぐことが出来る
    寒いと筋肉が萎縮して血流が悪くなったり、女性の場合は生理不順になったりします。
    体温が低いと、万病の原因になると言われています。
  5. 熟睡出来る
    快適な状態で寝られる状態を整えておくと、夜中に起きる必要も無く、熟睡することが出来ます。
    途中で、起きてしまうと寝不足感があるので、できれば夜中に起きることなく熟睡したいですね。

 

SPONSORED LINK

 

女性が冬用パジャマを選ぶ時のポイント5つ

  1. 素材
    暖かい素材が良い。
    裏起毛、フリース
  2. デザイン
    ワンピースより2ピースの上下別のものを選びましょう
    ワンピースタイプは、足元が大きくあいているため、熱が逃げやすくなります。
  3. ズボンの丈
    足首まであるものにしましょう。
  4. 首回り
    寝る時はいいかもだけど、顔を洗う時に邪魔
  5. お腹周り
    お腹を冷やすと冷え性を促進したり、生理不順になったり、風邪をひいたり、お腹を下す原因になるので、お腹周りは暖かくなるものを選びましょう。
さぁや
冬用のパジャマは、とにかく暖かさが重要です。
首回り、お腹周り、足首/手首など、袖口から風が入って来ないようなデザインのものを選ぶことをおすすめします。
合わせて読みたい
暖かくないパジャマで寝たら、風邪を引いたよ。
風邪の症状を悪化させない方法は、こちらの記事から。
風邪を引いても病院は行かないし、薬も飲みたくないあなたへ

まとめ

これから冬用パジャマを選ぼうと思った時に、ポイントとなる点をご紹介してみました。
女性にとって、体を冷やすことは生理不順を引き起こす原因となったり、手足の末端が冷えきってしまう冷え性となる原因にもなりかねません。

冬は体を温めることを優先させ、快適な睡眠を得らえるようにパジャマを選んでみてはいかがでしょうか。



SPONSORED LINK

キーワード:パジャマ メリット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

happpy_saaya0614

福岡市在住、86年生まれ。海好きな、営業5年生。 20代で3回の転職を経て、現在は国内メーカーの営業として、社内成績トップを独走中。 ブログやツイッターでは、①営業②女子力up③アラサー女子の生き方をテーマに発信中 。 現在、脱サラに向けて鋭意準備中。