九州の大雨特別警報からみる被害状況と今後の生活について

こんにちは、さぁや(@happy_saaya0614)です。

7月5日からの豪雨で、九州北部は甚大な被害が出ていますね。

大雨特別警報発令 

7月5日の帰りの電車で、スマホで天気予報を見ている人をみかけましたが、

特に気にすることなく帰路につく。

大学時代の同期で、鹿児島に住むメンバーから

「福岡、大丈夫?」とグループLINEに連絡が入る。

帰宅してからYahoo!のトップページを見て、警報が出ていることを知りました。

「命を守る行動を!」

と書かれてあり、ただ事ではないことはわかったが、

わたしの住む福岡市内では、曇りであったため、あまり実感が湧かず。


被害地域

被害地域は、熊本から、朝倉、大分にかけてです。

福岡県朝倉郡杷木地区は、親戚がいますし、

うきは市には、祖父母がいます。

豪雨のあった夜、祖母に連絡しましたら、

筑後川を見に行こうかと思いよったばってん、途中で引き返してきたばい」

と言っていました。

ばぁちゃん、それ正解です。

近づいたら川に持っていかれますよ。。

被害状況

最初に飛び込んで来た、被害状況がこれ。

衝撃でしたね。

橋、無くなったんや。。。。

その他、九州自動車道の高速道路も通行止めになっているようですので、

しばらく遠出は控えた方が良さそうですね。

陸上自衛隊も出動ですね。

被災された方の今後について

落ち着いてきたら、被害に遭われた方は、様々な手続きなども必要に

なってくるでしょう。

何か少しでもお役に立てればと思います。

今後も、お役に立てそうな情報をキャッチ出来しだい、

記事更新していきます。

予断を許さない状況ですが、避難されている皆様が

1日も早く、安心した生活に戻れますよう、心よりお祈り申し上げます。

この記事を書いた人

twitter.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です