【喫茶ニワトリ】ippe coppe(イッペコッペ)の庭先でごちそうかき氷をいただく

こんにちは、暑い沖縄で食べたいものといえば、かき氷ですよね。そんな中で観光ガイドブックでよく見かけるのが、喫茶ニワトリのごちそうかき氷。

季節限定でしかオープンしていないので、とてもレアなお店ですので是非行ってみてください!

それでは早速まいりましょう。

 

「喫茶ニワトリ」とは?

沖縄県浦添市港川の外人住宅街にある天然酵母のパン屋さんippe coppeの隣で巨大なかき氷に手づくりシロップがかかったかき氷を提供しているかき氷屋さんです。

手づくりシロップは沖縄県産の旬のフルーツを使って作られているため、お店が営業している期間は4〜9月頃までの限定となっています。

 

「喫茶ニワトリ」はこんなお店

pipe coppeが店内販売なら喫茶ニワトリは庭先での販売となっており、イートインスペースは庭先ということになります。

なお、全国版の観光ガイドブックに載っていたり、全国各地での沖縄フェアーにもよく参加されているので、不定休で店休日になっていることがあります。

最新情報はInstagramをご覧いただければと思いますが、実際には最新情報と異なる場合があるので、どうしてもいきたい!という方は電話で営業状況を確認されることをお勧めします。

 

SPONSORED LINK

 




 




 

 

 

 

メニューについて

沖縄県産フルーツを丁寧に煮詰めて作られたシロップを使ったかき氷メニューがメインです。

  • 完熟アセロラとパイナップル氷:980円
  • パイナップルとパッション氷:950円
  • バニラミルク氷:780円
  • 黒糖金時豆:780円

 

  • 冷たいドリンクもあります。
  • 青切りシークヮーサーソーダ:580円
  • 赤いしそのソーダ:580円

 

ドラゴンフルーツとパッション氷を注文!

今回は、ドラゴンフルーツとパッション氷(950円)を注文しました。

観光ガイドブックでよく見る一品です!

さぁや
すごいボリューム!!

 

食べてみると…

ドラゴンフルーツの甘さが柔らかい!
タネは、イチゴのタネのような食感でプチプチ!
ドラゴンフルーツには独自の味というのは感じない

さぁや
このパッションフルーツとシークヮーサーはどうやって使うんやろう…

 

とりあえず、それぞれ別々にかき氷にかけてみる

パッションフルーツの酸味が、カキ氷の甘さを増してくれる

 

シークヮーサーはよくわからず…

 

ただし、庭先でのイートインということでちょっと不便だなと思ったところもありました。準備の参考にしてください。

お手拭きが必要!

さぁや
シークヮーサーをしぼる時に手が汚れるのと、かき氷がドサッと崩れたので手で抑えました。。

手洗うとろがないのと、御手洗いもないので、ウェットティッシュがほしかったなーと思いました。

しかし、紙ナプキンですぐに拭いたのでそこまでベタベタしすぎずに済みました。

 

「喫茶ニワトリ」のここがオススメ!

  • 沖縄県産フルーツを使った手づくりシロップ
  • ドラゴンフルーツの種がプチプチ
  • おしゃれなお店がたくさんの外人住宅街内にある

 

SPONSORED LINK

 




 




 

 

 

お店の情報

店名:喫茶ニワトリ
住所:沖縄県浦添市港川2-16-1
TEL:098-877-6189(*ippe coppeと共同の電話番号)
営業期間:4月〜9月
※沖縄の美味しいフルーツが採れる期間
営業時間:13:30〜17:00
※但しシロップが売切れ次第終了
定休日:火曜/水曜/第3月曜/雨の日
台風や天候の影響で果物がとれない場合もお休み
タバコ:不可
席数:12席程度
駐車場:無料2台
近くにコインパーキングも多数有り
カード:不可
公式HP:公式HP

 

まとめ

最新情報はInstagramをご覧いただければと思いますが、実際には最新情報と異なる場合があるので、どうしてもいきたい!という方は電話で営業状況を確認されることをお勧めします。

 

おまけ:オトナ女子がキュンっ!!とする沖縄情報誌はコチラ

▼沖縄のおしゃれな情報誌「Porte別冊」はもう一冊の旅のお供に!

 

▼季刊誌Porteもおすすめ▼

SPONSORED LINK

 




 




 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です